令和4年度JWMS鳥獣管理士養成講座について


  鳥獣管理士養成講座は、基礎から応用まで鳥獣管理の知識や技術を幅広く体系的に扱う学習プログラムです。大学教員、シンクタンク、機器開発メーカー、NPO法人など、経験豊富な講師陣が、丁寧に解説します。10年間の実績を有する鳥獣管理士養成講座を通じて、これまでに、専門学校や大学・大学院生、行政機関、農林業従事者、各種団体、コンサルタント等、多くの方が学習されています。 

 

 鳥獣管理士養成講座を受講し、レポートを提出すると、資格認定試験の受験資格となる、鳥獣管理CPD単位が取得できます。例えば、オンラインで「鳥獣管理の基礎」コースを学習して修了すると、鳥獣管理士3級の受験資格要件となる、30CPD単位を取得することができます。

  

 令和4年度は、鳥獣管理の基本的な知識を扱う「鳥獣管理の基礎」、現場で役立つ知識を扱う「鳥獣管理の応用」の2コースをオンラインで開講します。さらに、実践的な知識や技術を学習するための現地演習についても、開講予定で準備を進めています。詳しい内容は、予定が決まり次第、このページに掲載いたします。

JWMS鳥獣管理士養成講座の科目と実施形態


コース名 科目群 実施形態 内容
鳥獣管理の基礎

動物生態学入門

鳥獣管理学入門

社会と制度入門

20科目以上

オンデマンド学習

(オンライン講座)

【基礎知識】

野生鳥獣の基本的な生態や管理方法、関係する社会と制度に関する基礎知識を扱う。

鳥獣管理の応用

動物生態学応用

鳥獣管理学応用

社会と制度応用

20科目以上

オンデマンド学習

(オンライン講座)

【現場知識】

野生鳥獣のより詳しい生態や実践的な管理、関係する社会と制度の適用等に関する応用知識を扱う。

鳥獣管理の実践 鳥獣管理演習

オンデマンド学習

(オンライン講座)

現地演習

【実践知識】

鳥獣管理士資格所持者及び鳥獣管理の基礎・応用の修了者を対象に開講する現地実習。

(参考資料)令和3年度鳥獣管理士養成講座


鳥獣管理の基礎

基礎コースでは、人と野生鳥獣の持続可能な関係を構築するために求められる、鳥獣管理の基礎をオンラインで学ぶことができます。授業科目は、動物生態学入門、動物管理学入門、社会と制度入門の3分野をカバーする、講義科目から構成されています。これから野生鳥獣について学んでみたい方、これまでの知識や経験を整理しておきたい方を対象とした学習プログラムです。

ダウンロード
R3基礎講座.pdf
PDFファイル 333.7 KB

鳥獣管理の応用

応用コースでは、人と野生鳥獣の持続可能な関係を構築するために求められる、鳥獣管理の応用をオンラインで学ぶことができます。授業科目は、動物生態学入門、動物管理学入門、社会と制度入門の3分野をカバーする、講義科目から構成されています。これから現場で活躍する予定の方、これまでの知識や経験を整理しておきたい方を対象とした学習プログラムです。

ダウンロード
R3応用講座.pdf
PDFファイル 374.5 KB

 

講師(2021年度)

 

浅田 正彦(合同会社AMAC代表)

東 展生(ファームエイジ株式会社常務取締役)

伊吾田 宏正(酪農学園大学准教授)

上原 裕世(JWMS主任研究員)

加藤 卓也(日本獣医生命科学大学講師)

小金澤 正昭(宇都宮大学名誉教授)

佐藤 喜和(酪農学園大学教授)

杉田 昭栄(宇都宮大学名誉教授)

園田 陽一(JWMS主任研究員)

高橋 俊守(宇都宮大学教授)

仲谷 淳(元農研機構中央農業研究センター)

羽山 伸一(日本獣医生命科学大学教授)

三浦 慎悟(早稲田大学名誉教授)

望月 翔太(福島大学准教授)

森 良(NPO法人エコ・コミュニケーションセンター代表)

山本 清龍(東京大学准教授)

山本 麻希(長岡技術科学大学准教授)

米田 政明(元一般財団法人自然環境研究センター研究主幹)

 (あいうえお順 敬称略)

団体・企業による研修のご相談

 

 概ね10名以上の行政機関・各種団体・会社等が、研修を目的として鳥獣管理士養成講座を団体でお申し込みいただく場合には、事務局までご相談ください。